転職活動

外資系コンサルファームの転職・中途 面接まとめ(実際の質問 / 対策 / 回答 / 結果 / 難易度)

外資コンサル転職面接まとめ

外資系コンサルファームの転職・中途 面接まとめ!(実際の質問 / 対策 / 回答 / 結果 / 難易度)

今回は外資系コンサルティングファームの転職面接で実際に私がされた質問、回答、対策、結果、難易度、私の所感などをまとめたいと思います。

 

▼今回まとめたコンサルファーム

  • アクセンチュア(Accenture)
  • アビームコンサルティング(Abeam)
  • KPMG
  • スカイライトコンサルティング
  • デロイトトーマツコンサルティング(Deloitte)
  • 電通デジタル(コンサルでは無い)
  • PwC
  • ベイカレントコンサルティング(Baycurrent)
  • リブコンサルティング
  • リヴァンプ

 

今まではコンサルファーム毎に個別記事を書いてきたので、それらの総集編という形で見て頂けるとわかりやすいでしょう。

尚、総合コンサルティングファームがメインになっていること、外資系以外のファームについてもまとめているのでその辺は悪しからず。

アクセンチュア(Accenture)

アクセンチュア(Accenture)

面接の基本情報

【面接回数】

2回

【面接場所】

赤坂本社

【難易度】

BIG4よりは低い?

【採用部署】

CMT(通信・メディア・ハイテク部門)

【採用ポジション】

コンサルタント職(マネジメントコンサルタント)

【提示年収】

約550万

【ケース面接】

有り

※面接官によります

WEBテスト

【有無】

コンサルタント採用の場合は無し

※アナリスト採用の場合は有り

【テスト形式】

玉手箱(空欄補充のみ)

一次面接

【選考結果】

通過

【形式】

ケース面接

※基本は通常面接らしい

【所要時間】

1時間

【面接官の役職】

マネジャー

【質問】

  • 「通信キャリアA社の2020年におけるデジタルマーケティングのあるべき姿とは? 」
    ➡︎どうあるべきかの仮説
    ➡︎仮説を導き出すために自分がどのようなアプローチ方法を取ったのか説明

【対策的な私の所感】

  •  ケース面接も有り得ることを前提に準備すべき
  • 前のめりになって話を伝えるなど、感情的な部分を出した方が好かれやすい
  • 見た目は文化系、中身は体育会系が好かれやすい
  • 回答はクイックにすべき
  • ケース面接の場合はホワイトボードを使って説明すべき

二次面接(最終面接)

【選考結果】

オファー獲得

【形式】

通常面接

【所要時間】

1時間

【面接官の役職】

マネジングディレクター

【質問】

  • アクセンチュアで活かせるスキルは?
  • 成果を出した経験と具体的なエピソードは?
  • 成果を出した経験についての「なぜなぜ」
  • それよりも成果出せる方法無い?

【対策的な私の所感】

  • 回答では内容よりも返答速度が重視されてる気がする
  • 成功体験や失敗体験については論理的に話せるように整理しておくべき。
  • なるべく分かりやすい言葉やストーリーで伝えるべき。
    ➡︎面接官は役員クラスなので、こっちが話している途中で「ん?」というクエスチョンマークが発生すると死亡する可能性大
  • 面接官がめんどくさそうにしていても、逆質問はできるだけすべき

参考記事

【一次面接】

Accenture(アクセンチュア) 中途 転職 面接①(質問 / 難易度 / 年収など)

【二次面接】

Accenture(アクセンチュア) 中途 転職 面接②(最終面接 / 質問 / 難易度 / 年収など)

アビームコンサルティング(Abeam)

アビームコンサルティング

面接の基本情報

【面接回数】

2回

【面接場所】

丸の内本社

【難易度】

BIG4より低い

【採用部署】

デジタル系

【採用ポジション】

コンサルタント職

【提示年収】

500〜550万

【ケース面接】

無し

WEBテスト

【有無】

有り

【テスト形式】

オリジナルのWEBテスト(判断推理系)

一次面接

【選考結果】

通過

【形式】

通常面接

【所要時間】

1時間

【面接官の役職】

マネジャー?

【質問】

  • 転職理由
  • 転職しようと思ったきっかけ
  • なぜコンサルなのか?
  • なぜアビームなのか?
  • ぶっちゃけアビームの志望度って何番目?
  • コンサルでやりたいこと
  • コンサルで活かせる自分の強み
  • コンサルって特殊だけど本当に強み活かせる?

【対策的な私の所感】

  • アビームへの志望度がある程度高いことを伝えるべき
    ➡︎面接官は疑っている。アビームへの志望度が低いのでは無いかということを。
  • オーソドックスな質問が多かった印象なので、まずは基本的な質問に回答ができるよう整理しておくべき
  • コンサルタントとは何か?(価値や仕事内容)について自分なりの考えを持っておくべき

二次面接(最終面接)

【選考結果】

オファー獲得

【形式】

通常面接

【所要時間】

1時間

【面接官の役職】

不明

【質問】

  • アビームの良いところ・悪いところ
  • アビームの志望理由
  • 友達にアビームの事を紹介するとしたら何て伝える?
  • アクセンチュアとの違いは?

【対策的な私の所感】

  • アビームに行きたい理由を整理すべき
    ➡︎アビームへの知識量や志望度をやたら確認してくる
  • 競合との違いを整理すべき
    ➡︎特にアクセンチュアやベイカレントなどITコンサルタントが主力のファームとの違い

参考記事

【一次面接】

アビームコンサルティング 中途 転職 面接①(質問 / 難易度 / 年収など)

【二次面接】

すいません、まだまとめて無いです。。

KPMG

KPMG

面接の基本情報

【面接回数】

2回

【面接場所】

大手町本社

【難易度】

未経験若手はやや高。書類選考は学歴が厳しめ

【採用部署】

情報・通信メディア部門

【採用ポジション】

コンサルタント職

【提示年収】

500〜600万+ボーナス

【ケース面接】

無し

WEBテスト

【有無】

有り

【テスト形式】

玉手箱

一次面接

【選考結果】

通過

【形式】

説明会+通常面接

【所要時間】

1時間

【面接官の役職】

マネジャー or マネジャー以下

【質問】

  • 転職理由
  • 前職で成果を出した経験は?
  • その経験をもう一度できるとした場合に、どこをどう改善する?
  • 前職での失敗経験・辛かった経験ある?
  • 自分の強み
  • 英語できる?

【対策的な私の所感】

  • 質問内容はオーソドックスなものが多い
  • 英語力はあった方が良い。無くても現在進行形で努力していることを伝えるべき
  • 返答は簡潔に伝えるべき
    ➡︎面接官は応募者を大量に捌いているので、少しでも冗長になると死亡する可能性大

二次面接(最終面接)

【選考結果】

不合格

【形式】

通常面接

【所要時間】

1時間

【面接官の役職】

パートナークラス

【質問】

  • 転職回数多いけどなぜ?
  • 応募した部署の仕事内容知ってる?
  • 現職について掘り下げ
    ➡︎クライアントに提案する内容ってどこまで?
    ➡︎KPIって誰が、どうやって決めるの?
    ➡︎プレゼンとか資料作成は得意?

【対策的な私の所感】

  • 即戦力を求められがち
  • 現職のスキルセットについてはしっかり整理すべき
    ➡︎即戦力としてその部署で活躍できると思わせるようなストーリーが必要。つまり応募部署についてもしっかりと調査が必要
  • MARCHは書類で切られることがあるので要注意

参考記事

【一次面接】

KPMGコンサルティング 中途 転職 面接①(質問 / 難易度 / 年収など)

【二次面接】

KPMGコンサルティング 中途 転職 面接②(最終面接 / 質問 / 難易度 / 年収など)

スカイライトコンサルティング

スカイライトコンサルティング

面接の基本情報

【面接回数】

3回?(グループワーク含む)

【面接場所】

赤坂本社

【難易度】

中堅ファームなので易しめ?

※私は落ちました

【採用部署】

不明

【採用ポジション】

コンサルタント職

【提示年収】

約500万

【ケース面接】

不明(通常面接でケース出されるという噂)

WEBテスト

【有無】

無し

一次面接

【選考結果】

不合格

【形式】

説明会+グループワーク

【所要時間】

2時間

【面接官の役職】

マネジャー

【グループワークのお題】

  • 中価格帯のコーヒーチェーンの売上げをあげるには
    ➡︎3ステップほどにワークのお題が細かく分かれていて、それに沿って進める。
    基本はそれに合わせて進めればゴールできます。

【対策的な私の所感】

  • 3C、4Pあたりのフレームワークを覚えておくと良い
  • ワークをリードする人の補佐的役割(突っ込みつつフォローする)に立つと良い
    ➡︎グループワークでの評価を上げるためには、まとめ役が苦手な人は2番手位置対応するのが定石。
    私のように自爆します
  • ワークの問いをしっかり読むこと
    ➡︎問いを勘違いすると自爆します
  • ステップ1で評価者及び周りの応募者に良い印象を与えれば2ステップ以降はイージーモードの可能性大

参考記事

【一次面接】

スカイライトコンサルティング 中途 転職 面接①(質問 / 難易度 / 年収など)

デロイトトーマツコンサルティング(Deloitte)

デロイトトーマツコンサルティング(Deloitte)

面接の基本情報

【面接回数】

3回

【面接場所】

丸の内本社

【難易度】

やや高。BIG4の中では最も人気企業のため、倍率は高い

【採用部署】

Pool(第二新卒)

【採用ポジション】

コンサルタント職

【提示年収】

630万+ボーナス

【ケース面接】

有り

WEBテスト

【有無】

無し

※アナリスト採用の場合は有り

【テスト形式】

旧式TG-WEB

一次面接

【選考結果】

通過

【形式】

通常面接

【所要時間】

30分

【面接官の役職】

マネジャー?

【質問】

  • デロイトで活かせる強みは?
  • このタイミングで転職する理由は?
  • 現職の顧客の課題は?
    ➡︎返答に対する深掘り
  •  現職でのポジションや役割

【対策的な私の所感】

  • 質問へのレスポンスを的確に早くできるかを見られていた(ような気がする)
  • オーソドックスな質問は少なく、面接官によって質問内容がだいぶ変わることを認識しておくべき
  • 現職の業務内容や自身の経験を簡潔に整理して話せるようにしておくべき
    ➡︎恐らく準備している以外の質問をされることもあるため、その際に短く伝えて会話のキャッチボールを優先させた方が良い

二次面接

【選考結果】

通過

【形式】

ケース面接

【所要時間】

2時間

【面接官の役職】

マネジャー?

【質問】

ケースの形式

  • お題が与えられて応募者がそれを1時間で整理(自分の主張をまとめる)
  • 後半の1時間で整理した内容をもとに面接官とディスカッションする

ケースの内容

  • 電子書籍と紙媒体について
    ① 電子書籍と紙媒体のメリット・デメリットを整理せよ
    ② ①を踏まえて、今後は電子書籍と紙媒体のどちらが優勢となるかを述べよ
    ③ ②で劣勢となる媒体を優勢にするために、どうすればいいか

【対策的な私の所感】

  • メリット・デメリットを整理する紙は分かりやすくまとめる
    ➡︎面接官に伝える時に絶対使うべき。言葉だけだと伝わらない
  • 自分の意見を否定されてもすぐには曲げない
    ➡︎相手のツッコミに迎合しすぎるとストーリーが矛盾だらけになる可能性があります。
    「確かに仰る通り〇〇ですが、△△という考え方もできると思いました」的な伝え方をしてました。
  • 結論に関わる重要な部分に突っ込まれた場合は柔軟に意見を変更すべき
    ➡︎面接のゴールを考えましょう。自分の意見を通して面接官を論破することでしょうか?
    そもそもこのお題に正解など無いのです。
    つまり、この面接のゴールは「通過すること」=面接官と意見を一致させて着地することだと考えます。
    自分の意見が組み立てられていることは、多少見せられればそれで良いと思います。
    面接官とうまく会話することを心がけるべき

三次面接(最終面接)

【選考結果】

オファー獲得

【形式】

通常面接

【所要時間】

1時間

【面接官の役職】

パートナークラス

【質問】

  • 前職の業務内容を簡潔に教えて
    ➡︎前職に関して2、3個の深掘り
  •  DTCでどういうことやりたい?
    ➡︎派生して、専門の部署あるけどそっち受けてないのはなぜ?

【対策的な私の所感】

  • 面接官次第だが時間はかなり短い
  • 要点だけ確認されるので、とにかく分かりやすく簡潔に伝えるべき
    ➡︎前職の業界特有の単語などはなるべく言い換えて伝えるべき
  • 面接官は事前に書類を見ていないことを前提に望むべき

参考記事

【一次面接】

デロイト トーマツ コンサルティング(DTC)中途 転職 面接① Pool 第二新卒(質問 / 難易度 / 年収など)

【二次面接】

デロイトトーマツコンサルティング(DTC)中途 転職 ケース面接② Pool 第二新卒(質問 / 難易度 / 年収など)

【三次面接】

デロイトトーマツコンサルティング(DTC)中途 転職 ③ 最終面接 Pool 第二新卒(質問 / 難易度 / 年収など)

電通デジタル

電通デジタル

面接の基本情報

【面接回数】

2回

【面接場所】

汐留本社

【難易度】

低い。大量採用をしているため普通にしてれば入れる

【採用部署】

不明

【採用ポジション】

マーケティングコンサルタント

【提示年収】

500万〜?要相談

【ケース面接】

無し

WEBテスト

【有無】

有ったような気がする

【テスト形式】

SPI形式

一次面接

【選考結果】

通過

【形式】

通常面接

【所要時間】

1時間

【面接官の役職】

部長・リーダー・人事

【質問】

  • 転職理由は?
  • 現職で頑張ったこと
  • 仕事をする上で大切にしていること、意識していること
  • 電通デジタルの志望動機
  • 応募ポジションの志望動機
  • 他の選考企業と進捗

【対策的な私の所感】

  • オーソドックな質問が多い
  • デジタル広告の実務経験があると入りやすい
  • 一次面接は現職における個別具体的な体験やストーリーを求められるので準備すべき
  • 職務経歴書を見ながら会話が進むので、自分が記載した内容については何を聞かれても答えられるようにすべき

二次面接

【選考結果】

オファー獲得

【形式】

通常面接

【所要時間】

1時間

【面接官の役職】

本部長・人事

【質問】

  • 職務経歴書に書いてあるエピソードの深掘り
    ➡︎「〇〇で成果を出しました」のプロセス
    ➡︎クライアントの課題を具体的に
    ➡︎どういった仮説を持って分析したのか
    ➡︎分析のアプローチ方法など

【対策的な私の所感】

  • 職務経歴書に記載した内容は深掘りされても大丈夫なように整理しておくべき
    ➡︎一次面接よりも深掘りされたので
  • 組織が急拡大していたため、入りやすい
    ➡︎特に前職で対社内のプロジェクトに参加して組織に貢献したなどの経験があるひとは有利になりそう
  • 直近は大量採用し過ぎたことで組織がガタついている模様。
    その影響で採用ハードルが上がっている可能性もあるため、実務経験を具体的にアピールできるようにすべき

参考記事

【一次面接】

電通デジタル 中途 転職 面接①(質問 / 難易度 / 年収など)

【二次面接】

電通デジタル 中途 転職 面接②(質問 / 難易度 / 年収など)

PwC

PwC

面接の基本情報

【面接回数】

2回

【面接場所】

丸の内本社

【難易度】

未経験若手は高い?即戦力を求められる傾向がある

【採用部署】

CRM

【採用ポジション】

コンサルタント

【提示年収】

450〜500万+ボーナス

【ケース面接】

有り

※面接官による

WEBテスト

【有無】

有り

【テスト形式】

玉手箱

一次面接

【選考結果】

不合格

【形式】

通常面接+ケース

【所要時間】

1時間

【面接官の役職】

マネジャー

【質問】

  • うちの部門で活かせるスキルは?
    ➡︎分析と回答
    ➡︎分析について深掘り質問
    ➡︎「仮説は?」「課題は?」など
  • 英語できる?
  • 持参した資料のプレゼン
    ➡︎面接前に、現職で作成した資料を持参するよう指定があります
  • ケース面接
    ➡︎ファッションブランドAの売り上げを2倍にするには

【対策的な私の所感】

  • 即戦力として活躍できるようなエピソードを用意すべき
    ➡︎大量にエピソードを用意するよりも、1つのエピソードを深く話せるようにした方が良かった
  • 資料を持参するように言われるため、なるべくコンサルファームが作成するようなスライドを持って行くべし
  • ポテンシャル採用の場合は英語やケースでの思考を見られる傾向があり
  • 中途には厳しい社風らしい
    ➡︎面接官が言ってました。
    部署によっては「君使えないから辞めたら?」とか言われるっぽい。つら。

参考記事

【一次面接】

PwC(プライスウォーターハウスクーパース)中途 転職 面接①(質問 / 難易度 / 年収など)

ベイカレントコンサルティング(Baycurrent)

ベイカレントコンサルティング

面接の基本情報

【面接回数】

3回

【面接場所】

虎ノ門本社

【難易度】

採用強化中のため倍率は低い。BIG4と比較して易しい

【採用部署】

不明

【採用ポジション】

アソシエイト

【提示年収】

500万〜

【ケース面接】

無し

WEBテスト

【有無】

有り

【テスト形式】

SPI形式(本社で筆記)

一次面接

【選考結果】

通過

【形式】

筆記テスト+通常面接

【所要時間】

【面接官の役職】

【質問】

まだまとめてないので暫しお待ち下さい。

【対策的な私の所感】

まだまとめてないので暫しお待ち下さい。

二次面接

【選考結果】

通過

【形式】

通常面接

【所要時間】

1時間

【面接官の役職】

マネジャー?

【質問】

  • 転職理由
  • コンサルを志望する理由
  • 現職で一番苦労した経験
  • 現職での成功体験
  • コンサルタントの価値は?

【対策的な私の所感】

  • オーソドックスな質問には全て答えられるように準備すべき
  • コンサルタントに対する理解を測られる可能性があるため、自分なりにコンサルタントに対する考えを持っておくべき
  • 人間力が高い人が多いのでコミュニケーションをうまく取ることでフィットしていることを演じたほうが良さそう

参考記事

【一次面接】

まだまとめてないです。。しばしお待ち下さい。

【二次面接】

ベイカレントコンサルティング 中途 転職 面接②(質問 / 難易度 / 年収など)

【三次面接】

まだまとめてないです。。しばしお待ち下さい。

リブコンサルティング

リブコンサルティング

面接の基本情報

【面接回数】

2〜3回

【面接場所】

大手町本社

【難易度】

倍率はそんなに高く無いのでは・・?

【採用部署】

不明

【採用ポジション】

コンサルタント職

【提示年収】

不明

【ケース面接】

無し

※最終の社長面接であるとの噂

WEBテスト

【有無】

有り

※二次面接の途中で5問ほど受けさせられる

【テスト形式】

TG-WEB的な問題

二次面接

一次面接は説明会の後に行われているようですが、私は日程の都合が合わず二次面接からになりました。

そんなこと有り・・?

【選考結果】

不合格

【形式】

通常面接+ケースっぽい質問

【所要時間】

1時間

【面接官の役職】

マネジャー以下の人事?

【質問】

  • 転職理由
  • 転職しようと思ったきっかけは?
  • なぜコンサルなのか?
  • なぜリブコンサルなのか?
  • IT系のコンサル考えてる?
  • コンサル辛いけどどうやってモチベ保つ?
  • どういうときに頑張れる?
  • ケースが与えられて1分ほど考えて説明させられる
    ➡︎ケースの内容を失念しました。。

【対策的な私の所感】

  • 質問に対する回答はなるべく簡潔にすべき
    ➡︎二次面接では、他のファームよりも内容面はあまり重要視していないように感じた
  • ケースがあることを想定すべき

参考記事

【二次面接】

リブコンサルティング 中途 転職 面接①(質問 / 難易度 / 年収など)

リヴァンプ

リヴァンプ

面接の基本情報

【面接回数】

2〜3回

【面接場所】

青山本社

【難易度】

倍率はそんなに高く無いのでは・・?

【採用部署】

マーケティング系

【採用ポジション】

コンサルタント職

【提示年収】

不明

【ケース面接】

無し

WEBテスト

【有無】

無し

一次面接

【選考結果】

通過

【形式】

通常面接

【所要時間】

1時間

【面接官の役職】

マネジャーより下が2名

【質問】

  • 転職しようと思ったきっかけは?
  • クライアント先の現場に常駐することになるけど大丈夫?
  • あなたが考えているコンサル像とはかけ離れた仕事をすると思うけど大丈夫?
  • あなたの現職よりも分析ツールなどの業務環境が整ってないけど大丈夫?
  • 担当してみたいクライアントの業界とかある?

【対策的な私の所感】

  • 体育会系だけでなくソフトな文化系の人たちもいる
  • 一次面接はほとんどが面接官からの企業説明になる
  • 自分からアピールしていかないと落ちるかも
    ➡︎面接形式の質問がほとんど無かった。自分で切り出して現職の話や思いを伝えるべき
  • 何でも屋さんということを言っていたので、所謂ビジネスコンサルをやりたい人は合わないかもしれない

二次面接

【選考結果】

選考辞退

参考記事

【一次面接】

リヴァンプ 中途 転職 面接①(質問 / 難易度 / 年収など)