転職活動

電通デジタル 中途 転職 面接①(質問 / 難易度 / 年収など)

電通デジタル転職面接

電通デジタル 中途 転職 面接①(質問 / 難易度 / 年収など)

今回は、コンサルとは少し違いますが電通デジタルの中途 一次面接について書きます。

電通デジタルについて

電通デジタルはその名の通り、広告代理店です。

私が現職で働いているようなインターネット専門の代理店ですね。

例えば、サイバーエージェント・オプト・セプテーニらへんが有名です。

 

ただ、電通デジタルに関しては、上記に挙げたような代理店よりも、もう少し上流(コンサルっぽい)の業務も扱っているようです。

 

例えば、電通デジタルについて調べたところ、以下のような募集ポジションがあるようです。

  • 事業戦略コンサルタント
  • 統合マーケティングコンサルタント
  • 運用型広告コンサルタント

 

電通が事業戦略!?

さすがに無理あるだろ・・・

コンサルで働いてた人を集めない限り、コアサービスとして提供していくのは難しそうです。

てかコンサルから電通に行きたい人なんているのかしら。

待遇面も悪くなるだろうし。

 

まあどっちでもいいんですが、私は統合マーケティングコンサルタントに応募しました。

事業戦略コンサルは、事業会社の経営企画もしくはコンサルしか応募できないとのこと。

統合マーケティングコンサルタントって何?

みたいな状態でしたが、同じ業界なので大丈夫だろうと思い、ほぼ調べず面接に臨みました。

面接の状況

場所は、電通本社ビル@汐留です。

電通グループって社屋をいろいろ分けてるイメージでしたが、デジタルは本社なんですね。

部屋に入ると、すでに面接官3人が座っていました。

 

一次面接から3人かよ・・

しかもめちゃおっさんやな・・・

おっさんにデジタルわかるのか?

 

などなどの感想を抱きつつ面接開始。

面接の内容

質問されたことはいたって普通でした。

  • 転職理由
  • 頑張ったこと
  • 仕事をするうえで意識していること
  • 電通デジタルの志望動機
  • 応募ポジションの志望動機
  • 他選考企業

自分的にきつかったのが、志望動機です。

 

というのも、コンサルファームメインで選考を受けているので、志望動機がないんですよね。

それに合わせて全く気持ちが乗ってこない。

 

行きたいと思ってないのに、行きたいですという辛さを感じます。

あと、応募ポジションについてもきつかったですね。

そもそも何やるかわからないし・・・

でも、なんとかコンサルに伝えている理由をカスタムして伝えました。

 

志望動機「インターネット広告よりももう少し上流からクライアントをサポートしたい。

その中で、あくまで軸は広告サービスに置いておきたいので、それを実現できる電通デジタルで働きたい」

 

みたいなことを伝えました。

意外と面接官はうんうん頷いてくれていました。

 

あと、他選考企業ってのも、あえてコンサルファームを受けているとは話しませんでした。

なぜかというと、広告系は電通デジタルしか受けてないので、志望動機が嘘だとばれてしまうからです(軸が広告なのにコンサルばっかっておかしいですし)

 

その時は、電通デジタルみたいな広告&コンサル、デジタルマーケ&コンサル みたいな企業の名前をあげました。

全体的に和やかな雰囲気だったので、あまり緊張せずに終了。

困るような質問とかはほぼなかったです。

手応え / 所感

問題はやる気のなさがばれてないかどうかだ。

 

内容的にはおそらく受かっているだろうと。

コンサルの面接(特にPwC)よりもずっとイージーな一次でした。

面接結果

次の日、通過のメールが!

滑り止めのために、エージェントと日程の調整をしています。