転職活動

KPMGコンサルティング 中途 転職 面接②(最終面接 / 質問 / 難易度 / 年収など)

KPMG転職面接

KPMGコンサルティング 中途 転職 面接②(最終面接 / 質問 / 難易度 / 年収など)

さて本日はKPMGコンサルティングの二次面接について書きたいと思います。

 

一次面接については、こちらをご覧ください。

面接の状況

場所:大手町フィナンシャルシティ ノースタワー

時間:18時~19時

面接官:1名

内容:通常面接

年収:500~600万+ボーナス

難易度:未経験若手はやや高。書類選考は学歴が厳しめ

※タイミングによっては、MARCHレベル(偏差値60くらい)でも通過可能

 

前回、一次面接を無事突破したので、満を持しての最終面接です。

平日だったので、遅い時間をお願いしたのですが、18時までの間で候補日をくださいとのこと。(融通効かないなぁ…)

 

今回の面接官は、私が応募した情報・通信セクターのパートナー1名でした。

 

もともと、一次面接はマネジャーで最終はパートナーですという話を聞いていたので、

解答や質問もパートナー用にカスタマイズして臨みました。

 

部屋に通されて待っていると、見た目は40代くらいの若々しい叔父様が登場です。

髪の艶というかテカりが半端ないなーと思いつつ、面接が開始しました。

面接の内容

自己紹介など無く、面接官からの質問が始まります。

おそらく事前に私の書類を見る時間など無かったのだろうと想定されます。

 

というのも、履歴書・職務経歴書をパラパラと見ながら、気になったことを質問してくる形式だったからです。

面「3社目なんだ~。27歳で多いね?多いと思う?」

 

何の意図があるのこれ?

雑談かなぁ?なんて思いながら返答。

私「社会通念と照らせば多いかと思いますが…。ただ2回の転職ともに今後のキャリアを考えて行動した結果です。」

 

開口一番がそれだとなんか拍子抜けちゃうよなーとか思いながら面接は進みます。

面「そういえば、うちの部署がどういうことやってるか知ってる?」

 

私「はい、情報・通信セクターで○○系のクライアントに△△のような分野でサービスを提供していると認識してます。」

 

面「うん、まあ大体合ってるね。んで、Gaicon-marchさんは通信キャリアで働いてたみたいだけど、通信はかなり詳しいんだ?結構そういう人材少ないのよね。」

 

私「はい、1社目は通信キャリアでした。法人営業を1年間やっていたので、多少の知識はあるかと思いますが…」

 

面「むむ、1年なんだ。そっか、ちょっと厳しいかもなぁ」

 

このやり取りで、数年の経験者を求めていることがわかりました。

ちょっと厳しいに隠された意味があまりわかりませんが、とりあえず原点にならないようにフォローを入れます。

私「通信会社でのキャリアは1年ですが、そのあとは広告代理店で3年近く働いています。情報・通信セクターではメディア系のプロジェクトもあるという認識ですので、そういった領域でも貢献できると思っています。」

 

完全にでまかせ&適当です。

 

そもそもメディア系って広過ぎて自分の経験がフィットするかなんてわからなかったです。

奮闘及ばず、面接官からは以下のような解答。

面「うちはメディア系のクライアントがあまり多くないんだよね。だからそういう活躍の機会は無いかも。」

 

ややトーンダウンしましたが、面接官も気を取り直したようで、面接を再開です。

特に、現職の業務内容や私のスキルセットについて質問されました。

  • クライアントに提案する内容ってどこまで?
  • KPIって誰が、どうやって決めるの?
  • プレゼンとか資料作成は得意?

パートナーの割には質問の内容がすごい実務的だなとか思いました。

 

KPMGはおそらく、即戦力に近い人材を求めているんじゃないですかね?

で、いろいろと業務内容について話をしたんですが、どうにも私の経験だと水準を満たしてしないような感じで終了しました。

手応え / 所感

かなり微妙というか、50点くらいですかね?

 

おそらくここでお断りという形になるでしょう。

というのも、面接官との会話の節々からやはり経験者・もしくは経験者に準ずる者がほしいという臭いを強く感じましたし、私はそれに該当していないからです。

 

ちなみに、友人も以前にKPMGの選考を受けたらしいのですが、同様に、「うーん経験不足だなー」みたいなことを言われてお断りされたそうです。

その友人は事業会社の財務部門出身でしたが。

 

てか、経験者がほしいなら書類で落としてよ!って普通に思いました。

面接結果

1週間後くらいに連絡が。

 

案の定のお断りです!

こればっかりは、仕方ない。

後からエージェントに言われた話ですが、KPMGは学歴とかに厳しく、書類も切られたりするので、今回最終選考まで進めたことは非常にポジティブだと。

 

どういうフォローの仕方なんだ。。

とりあえず、KPMGをもって私の転職活動が終了となります。

※一応アビームも残っている。

 

完全に余談ですが、実は知り合いのスタートアップ(というかベンチャーに近い)から、

新規事業部門で働かないかというお誘いを頂いています。

 

最終的にはそういった会社で働くか、起業なども視野に入れているので

非常にありがたい話なのですが、やはりコンサルファームもここまで転職活動を頑張ってきましたし、あきらめきれません。

 

どういった道に進むかわかりませんが、キャリアについて熟考して答えを出したいと思います!